スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


-------- (--:--:--) : スポンサー広告 :
Pagetop

【IA】 ヘッドフォンアクター 【オリジナルPV】 歌詞





「一つだけ、疑わないで。」

作詞、作曲、アレンジ:じん(自然の敵P)
レコーディング、調声協力:がっちゃん 
ミックス:サンプラザP
イラスト、ムービー:しづ



歌詞

その日は随分と平凡で
当たり障り無い一日だった
暇つぶしに聞いてたラジオから
あの話が流れ出すまでは

「非常に残念なことですが、
本日地球は終わります」と
どこかの国の大統領が
泣きながら話をするまでは。

窓の外は大きな鳥たちが空覆い尽くしてく渋滞中
三日月を飲み込んでどこかへと向かってる
やりかけてたゲームはノーセーブ
机にほぼ手つかず参考書
震える身体をいなす様にすぐにヘッドフォンをした

不明なアーティスト項目の
タイトル不明のナンバーが
途端に耳元流れ出した
「生き残りたいでしょう?」

蠢きだす世界会場を
波打つように揺れる摩天楼
紛れもないこの声はどう聞いても
聞き飽きた自分の声だ

「あの丘を越えたら20秒で
その意味を嫌でも知ることになるよ。
疑わないで、耳を澄ませたら20秒先へ」


交差点は当然大渋滞
もう老若男女は関係ない
怒号やら赤ん坊の泣き声で埋まっていく

暴れだす人  泣き出す少女
祈りだした神父を追い抜いて
ただ一人目指すのは逆方向
あの丘の向こうへと

ヘッドフォンから依然声がして
「あと12分だよ」と告げる
このまま全て消え去ってしまうならもう術は無いだろう


ざわめき出す悲鳴合唱を
涙目になってかすめる10秒

疑いたいけど誰がどうやっても
終わらない人類賛歌


「駆け抜けろ,もう残り1分だ。」
その言葉ももう聞こえない位に

ただ目指していた丘の向こうは
すぐ目の前に

息も絶え絶えたどり着いたんだ
空を映し出す壁の前に
その向こう白衣の科学者たちは
「素晴らしい」と手を打った

疑うよ。


そこから見る街の風景は
まるで実験施設の様でさ


「もう不必要だ。」
科学者は片手間に爆弾を投げた

箱の中の小さな世界で
今までずっと生きてきたんだなと

燃え尽きていく街だったモノを
ただ、呆然と見る耳元で

ヘッドフォンの向こうから
「ごめんね」と声がした
関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

2012-11-20 (00:40:50) : IA / は : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

検索フォーム

応援バナー


カウンター

カウントアップカウンター

プロフィール

こーど青葉

Author:こーど青葉
御厨
※食べられません
-チョコが好きです

相互リンク募集!
メールでお願いします!






初音ミク Project DIVA Arcade
[プレイヤー名]
御厨code@初音さん
[LEVEL/称号]
LV.??? もうすぐカプリコーンなう

maimai 3/22~

ブックマーク / RSS



livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

Categories

openclose

お小遣い


ライフメディアへ登録
交換は2000 Lポイント(2000円相当)
図書カードへの交換は
3000 Lポイント(3,000円相当)から
※交換手数料はかかりません


交換は3000pt(300円分)から
ここから登録すると250ptもらえます!!
- 登録人数 4 人 -

ポイントちゃんねる.jp
交換は5000pt(500円分)から
無料会員登録時に
500ポイントがもらえます
※交換手数料:1000円以上は無料
いつもありがとです!(*´ω`*)

VOCALOID Ranking Watcher

ツイッター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。